ホーム > 離婚手続き > 協議離婚

協議離婚

協議離婚というのは、日本でいちばん多い離婚といわれています。協議離婚は夫婦で話し合って合意さえあれば、離婚に特別な理由は必要ではなく、離婚届けに合意して届け出を出すことで離婚が成立します。

離婚をする際に、もめることもなく協議離婚だったら裁判沙汰にもならないと思うのですが、離婚は十人十色ですからそういうわけにもいかないのでしょう。

協議離婚では必要なものというのは離婚届だけで、市町村役場に備え付けの離婚届にお互いの署名と捺印、成人の証人の証明と捺印などの必要事項を記載して戸籍謄本を添付して提出することができます。

協議離婚は、離婚届けに不備が認められない限り、身分証明を求められるということも、印鑑証明を出す必要もありませんし、誰が出しに行っても離婚届は受理されてしまいますから自分が知らないうちに離婚届が出されていたというトラブルもよくあるようです。

相手が勝手に離婚届を出されてしまうのを防ぐために区役所などで、離婚届けの不受理申し出を出した方が安全です。

関連エントリー

  • 調停離婚
    夫婦の話し合いで離婚に至らない場合には、協議離婚ではなく家庭裁判...
  • 離婚訴訟
    離婚訴訟というのは、夫婦で話し合いをする協議離婚で折り合いがつか...
  • 離婚弁護士
    離婚弁護士とは、弁護士の中でも離婚を得意とする弁護士で、様々なケ...