ホーム > 離婚手続き > 離婚訴訟

離婚訴訟

離婚訴訟というのは、夫婦で話し合いをする協議離婚で折り合いがつかず、家庭裁判所での離婚調停でも決着がつかない場合に、離婚訴訟(裁判)という形になってしまいます。

離婚訴訟では、未成年の子供がいるときには、離婚をしてからどちらが親権者になるのか、離婚財産分与や年金はどうなるのか、子供の養育費をどうするのかということも申し立てできるようになっています。さらに離婚訴訟と一緒に、離婚のときに慰謝料を支払ってもらいたい人は慰謝料請求もすることができます。

離婚訴訟をする場合には夫か妻が住所を持っている家庭裁判所に訴状を提出することになります。離婚訴訟を起こされた方は、裁判所から通知が来ると思いますからその通知に従って裁判所に出向かなければならないことになっています。

離婚訴訟というのは、離婚問題の中で最悪なケースとなり、協議離婚、調停離婚、離婚訴訟という順番に、離婚するのに労力が必要になっていきます。離婚訴訟は時間がかかることが多く、なかなか相手が同意しないで進めるのにパワーも必要となります。

関連エントリー

  • 協議離婚
    協議離婚というのは、日本でいちばん多い離婚といわれています。協議...
  • 調停離婚
    夫婦の話し合いで離婚に至らない場合には、協議離婚ではなく家庭裁判...
  • 離婚弁護士
    離婚弁護士とは、弁護士の中でも離婚を得意とする弁護士で、様々なケ...